<< オーストリアはヤヴァイの?〜またまたGKリカちゃんに聞いてみる〜 | main | ヴァスティッチ・フォ〜〜〜〜!4er-Pack von Vastic bei LASK-Sieg >>
2013.06.09 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2005.11.09 Wednesday

    DiePresseのオシムインタビュー"オールドマンは相変わらずモダン"

    0
      11.05 ナビスコカップでのオシム 画像提供へびこさんdanke!

      DiePresseナビスコ杯優勝直後のオシムに直撃インタビュー

      Auslandsfussball:
      "Der alte Mann ist immer noch modern"
      (Die Presse) 07.11.2005
      Ivica Osim führte JEF United Ichihara ohne Haas gegen Spitzenreiter Gamba Osaka zum Cup-Titel.

      海外サッカー:
      "オールドマンやはりモダンなまま"
      イヴィツァ・オシムはハース抜きでトップを走るガンバ大阪とのカップファイナルを制しジェフユナイテッド市原(まま)に初タイトルをもたらした。

      東京発:前シュトルムグラーツ監督にして元ユーゴスラヴィア代表監督でもあったイヴィツァ・オシムが日本での初タイトルを獲得した。
      ヤマザキナビスコカップ決勝においてジェフユナイテッド千葉は120分のスコアレスドローの末にPK戦を5:4で制した。東京にある国立競技場で行われた決勝には45000人が詰めかけジェフのファンたちは長い試合を見続け最後のペナルティキックが成功するやいなや歓喜に沸き返った。この試合にマリオハースは出場しておらずピッチの脇からチームを見守っていた。かれは準決勝昨季準優勝の浦和レッズ戦で累積警告が2枚となり出場停止だった。ちなみに準決勝の成績はジェフ(3-1,2-2)浦和レッズである。ジェフにはまだこれからリーグタイトルと併せて2冠の夢も残されている。リーグ終了までに5節を残しジェフは現在5位だが首位ガンバ大阪との差は5ポイントにすぎない。

      イヴィチャ・オシムの契約はシーズン終了で終わるがボスニア人オシムは彼らがまた契約更改を言ってくるだろうと見ている。彼は電話でこう語った。「日本人はいつも笑顔だし親切だ。しかし誰も肝心なことは(something)言わないんだよ。」
      日本のフットボールは外国人指導者や多くの実力者のおかげですさまじい勢いで発展を遂げた。日本はすでに2006年W杯ドイツ大会の切符も手にしている。
      「君は容易に信じられないだろうが」オシムは説明する。
      「彼らはよく学ぶしまた素早く身につける」つまり戦術・技術両面に渡って関心が高い。「この国のプロサッカー選手の誰をとってもスキャンダルが一つもないのだ。」トレーニング場ではオシムはいつも通訳者と一緒だ。練習場へ向かうために毎日70kmドライヴしている。「コンディションは万全だ」ボスニア人は「組織づくりにかけては日本人はワールドチャンピオンだ」といった意味合いのことも言った。

      オシムの名前はオーストリアではまだまだ健在だ。国内リーグの監督が解任になるたびに彼の就任が噂されてきた。しかしシュトルムの前監督はこれを喜ばない。
      「日本人は信じられないほど誇り高いのだ。もし彼らがインターネットでそんなニュースを読んだら彼らは大変自尊心を傷つけられるだろう。それは正しいことではないよ。」
      帰国すれば彼は必ず『オールドマンいまだモダン』と紹介されるに違いない。日本でカップを勝ち取ったのだから彼は十分近代的といえる。
      「まだ2年は喜んでサッカーの仕事をするよ。どこでどのようにというのはまだわからない」2006年ドイツワールドカップではどこのコーチとして招待されているのだろうか。
      「フットボールが生涯に渡り私を駆り立てる」

      ========================
      ナビスコ杯関連で唯一大会の正しい名称"ヤマザキナビスコカップ"と書かれていたオーストリアの一般紙の記事をご紹介。但しクラブ名はジェフユナイテッド市原のままとなっています。

      試合直後のオシムに電話で取材したようです。
      日本のサッカーを熱く語るオシムが印象的
      契約については明言は避けているが日本でやる気マンマンのような気がします。オシムのやる気を引き出す日本のサッカーって素晴らしい。いえジェフのと言うべきなのでしょうね。

      *ご注意
      粗っぽい訳です。よくわからないところはすっ飛ばしてます。
      記事を把握する一助にして下されば。
      決してこの訳を全面的に信じてはいけません。

      2013.06.09 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        いつも情報ありがとうございます。今回もいただきます(うちのblogにリンク貼らせていただきました)。

        昨晩は、ナビスコの浮かれた気分が吹っ飛ぶ試合観戦でした。血圧や心臓など循環器系に疾患がある場合には、非常に負荷がかかるこの頃でございます(心配だ>オシム監督)。

        私は独語はお手上げなんで、一助+アルファというか全面的に参考にさせていただきます<(__)>。
        ピッチとか首位ガンバ大阪や、オールドマンや、正しい初タイトルなどを注意しなかったよ。


        トラバどうもです。
        お邪魔します。

        >「フットボールが生涯に渡り私を駆り立てる」
        オシムが言ってる所を想像すると凄いサマになる台詞ですね。

        ご訪問、コメントありがとうございます。
        そうそうまさしく!
        拙訳もその一文に気持ちを込めましたw

        • bella
        • 2005.11.21 Monday 20:54
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << June 2018 >>
        PR
        Connected Items
        What's New?!
        Playing Room

        tuna.be
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recent Trackback
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM